人気講座ランキング

i_rank1_21 宅建(宅地建物取引主任者)合格 講座

宅建とは、幅広い分野で役に立ち、就職・転職に有利な資格で国家資格の中でも高い知名度と人気があります。受験者数が最も多い国家資格で、年齢、学歴などの受験制限もなく、誰でも目指せる資格です。

当校の最新合格率は76.6%です。(全国平均約15%の難関資格です。

※上記合格率は、当学院宅建コースに在籍し出席率60%以上、模擬試験正解率60%以上の基準を満たした方の数値です。模擬試験のみの受験性や教材購入 者、無料の役務提供者は含まれておりません。上記合格率は平成25年12月5日現在のものです。

ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
講座パンフレットはこちら

cover1

i_rank1_22 日商簿記 2級・3級 講座

簿記とは、経理関連書類を読み取る力を証明する資格です。
簿記は、一言で言うと「帳簿をつけること」です。企業や商店など、経済活動のあるところでは、「お金の流れを把握する」為に帳簿記入の必要があるのです。
お金の管理はどの様な規模や業種の会社、また個人経営でも欠かせない為、簿記ができる人のニーズは決して絶えることはありません。
事務職の方・自営業の方に人気の講座です。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
講座パンフレットはこちら

boki

i_rank1_23 インテリアコーディネーター 講座

インテリアコーディネーターとは、住まいに関する商品選択やインテリアの作成等について、インテリアに関する専門知識を基に提案します。家具、照明器具、 カーテン、キッチン、サニタリー等のインテリア関連商品に関する専門知識を基にお客様の要望に応えるためのアドバイスを行います。
特に 20代~30代の女性に人気が高い資格といわれ、有資格者は女性が約8割を占めています。
当講座はインテリアコ-ディネーター合格実績に定評のあるインテリアスクールHIPS<ヒップス>との提携により共同開発された講座です。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
講座パンフレットはこちら

interior

i_rank1_4 FP(ファイナンシャルプランナー)2級・3級講座

「FP(ファイナンシャル・プランナー)」とは、人生を豊かにするために役立つライセンスともいわれており、お金に関する幅広い知識について学習します。
この資格は、ビジネスシーンはもちろん、様々な年代の方にとっても有効な知識として身につけるには最適です。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
3級講座パンフレットはこちら

fp3q

i_rank1_5 ケアマネジャー(介護支援専門員)講座

要介護者等(要介護者・要支援者)からの相談に応じて、要介護者等がその心身の状況等に応じた適切な在宅(居宅)サービス、地域密着型サービス、施設サービ ス、介護予防サービスまたは地域密着型介護予防サービスを利用できるよう、保険者である市町村、サービス提供事業者(事業者や施設)等との連絡調整を行い ます。
講座パンフレットはこちら

i_rank1_6 秘書検定講座

「秘書」とは、「会社・官庁・団体・学会等で、上司について共に働き、上司の仕事を助け、補 佐する人」と位置付けられています。上司の補佐と一言でいっても、その仕事は多岐にわたります。その秘書の職能を、統一基準で評価し格付けしているのが 「秘書技能検定試験」=「秘書検定」なんです。国家試験とは異なりますが、公的試験なので、合格すればきちんと履歴書に表記することができます。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
講座パンフレットはこちら

i_rank1_7 1・2級 建築施工管理技士講座

建築工事の施工技術の高度化・多様化、さらに専門化にともない、建築施工管理技士の重要性が高まっています。1級建築施工管理技士は、建設業法に定められた 建築工事関係16業種の許可に際して、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者又は監理技術者 となることが認められています。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
1級学科短期実地2級 講座パンフレットはこちら

 i_rank1_8 1・2級 造園施工管理技士講座

造園施工管理技士は、公園や緑地、遊園地などの造園工事における責任者として、施工計画の作成や現場の工程管理、資材や工事物の品質管理、作業の安全管理などを行う造園技術のエキスパートです。
「造園」といっても一般家庭にあるような庭の作業を行うだけではなく、公園やビルとビルの間のレストスペースなど を作り出すことも仕事です。
ガイダンス映像はこちら ※リンク先は音声が流れます
1級学科実地2級 講座パンフレットはこちら

 i_rank1_9 第二種電気工事士受験対策

ビル・工場・商店・一般家屋などの電気設備は、その安全を守るために一定の国家資格(電気工 事士)を持っている人だけに、工事を行うことが認められています。第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事ができ ます。実際にはどういったことをしているかというと、一般住宅の配線やコンセントやスイッチなどの取りつけや、デパート等のテナントの電気工事なども行い ます。
講座パンフレットはこちら

 i_rank1_10 福祉住環境コーディネーター

福祉関連の資格ではめずらしく受験資格が設けられていません。どなたでも受験することができます。そのため福祉関係、建設業、デザイン設計に従事する方や、 大学生・専門学校生、また、家族の快適な暮らしのために知識を身につけたいという主婦の方など、幅広い分野の人たちが受験しています。
講座パンフレットはこちら